?
サーバント・リーダーシップで何が変わるのか
 

 ・

事業運営が本当の意味で顧客中心になる。
-

従来の組織運営では、部下は上司の顔色を窺いながら仕事を進める。結果として、顧客より上司を優先することになる。

-

サーバント・リーダーシップでは、上司の責任は、部下を育成し、部下が最も働きやすい環境を作ることであり、部下は上司に気兼ねなく、安心して顧客のニーズに応えることが出来る。

 
 ・ 職場での倫理観、価値観が明確になり、個人の生き方と組織の目的の整合性ができる。
  -

サーバント・リーダーシップでは、職場を同じ志・同じ倫理観をもった仲間が作る共同体に変える。

  -

従って、従業員には自分の望む成長を仕事を通じて実現する機会が与えられる。

 
 ・

奉仕による成長という人間として最も大切なモチベーションを仲間と共に、仕事を通じて満たすことができるため、モラールの高い組織が実現する。

-

会社・組織・上司に対する不信感を払拭できる。

-

組織と自分の仕事に高いロイヤリティーを持った社員が生まれ、仕事にさらに情熱を燃やすようになる。