サーバント・リーダーシップの実践でよく使われる施策

  

事業運営においては、以下のような施策が多くみられます。

企業ビジョン:目的、ミッション、バリューを明確化し、それらを社員と共有する。

-

目的:なぜ、われわれの企業が存在するのか、社会のなかで果たす役割は何か。

- ミッション:どのように目的を達成するのか、提供する商品・サービスは何か。 
- バリュー:社員はどのような価値を大切にして商品・サービスを提供するのか。
 
  組織構造:通常とは反対の「逆ピラミッド型」の組織図を作る。
- 顧客との接点である現場が企業にとって最も大切です。職位が上がるということは、部下の能力を伸ばし、より高い成果をために奉仕することを意味します。
 
  意思決定システム:皆が参加しオープンに議論することで、よりよい決定を行う。
- 会社の経営現状の公開、人事情報の公開など社員皆がオープンに議論できるベースを作る。
社員大会など、社員が職位を超えて経営意思決定に参加できる仕組みをもつ。
 
 

業績評価システム:メンバーの成長を促すことをシステムに組み込む

- 個人の業績より、部門全体の業績を重視する。また、結果のみならず、プロセスや社員の成長を評価項目に含め、かつそれらの比重が大きい。
 
企業風土:正直さ、透明性、人材育成、チームプレーなどの価値が明示され、日々実践される。
- 長期雇用者が多く、社員が企業所有者(株主)になることを促進する施策を設ける。